医師専門結婚紹介 医師クラブは、医師、歯科医師、女医とのハイクラスなメール交換による出会いから結婚までを提供しています

上手なプロフ

上手なプロフィールの書き方  

サイトに登録すると、お申し込みがはいってきます。  


あなたは、ひとりづつ丁寧にメールを読み、お返事をすれば、大変な労力をつかうことになります。その労力を減らすためにも、プロフィールの書き方のコツをつかむようにしたいものです。  

漠然としたあたりさわりのないプロフィールを書くと、多数の人がメールをしてくる可能性があります。個性的なプロフィールや自己PR、相手への希望を書き、どんな人を求めているのかを正確に記入すれば、どのような結婚を理想としているのかが明確になります。

たとえば あなたが女医さんで、165cm、東京都在住なら
お相手への希望に、

「医師、弁護士、公認会計士」
「170cm以上」
「東京都在住の人」
と書けば、条件にあった人のみがお申し込みしてくるでしょう。

たとえば あなたがOLさんで、155cm、大阪府在住なら
お相手への希望に、

「年収600万円以上」
「170cm以上」
「関西方面の人」
と書けば、条件にあった人のみが集まってきます。

これで、あなたが悲鳴をあげる労力が減らすことができます。

もし 交際お申し込みしてきた男性の中に、あなたのお気に入りの人がいなければ、プロフィールの書き方を変えて修正してみます。
その結果、さらに別の人からもお申し込みが集まってきます。

登録したプロフィールは、最初に書いたものを修正できないのではなく、気軽に何度でも修正できるサイトがほとんどですので、結果をみながら、見直し修正しましょう。

お申し込みしてきた男性を分析し、自分のプロフィールに、思いついたことを追加しながら、より理想的な相性のよい男性がお申し込みしてくれるようにするには、どうしたらよいかもわかってきます。
プロフィール・紹介文はとても大切です。他の女性の紹介文も参考にして、文量もあり、しっかりした文章を書きましょう。

プロフィール・紹介文に嘘を書くのは厳禁です。
注目されるためにプロフィール・紹介文に嘘を書き、メール交換中に、お相手が引いてしまう例が多数あるようです。
メール交換していれば、嘘はすぐにばれてしまいます。嘘をつくくらいなら、それに関してなにも書かないことをお勧めします。
写真はいろいろ変更しながら、結果を分析してみましょう。
写真は、実物と違うものは避けましょう。
お会いした時に、お相手から非難されますし、それまでのメール、電話などのすべての労力がムダになります。

登録後、あなたにお申込みがこなかったり、お申込みしてもお断りされることが多い場合は、写真がまずかったり、プロフィール・紹介文がまずかったり、年齢がまずかったりすることが考えられます。

年齢がネックになっている場合は、あなたの考え方が間違っていることに気が付きましょう。
男性は、37歳以上になると、年齢を7歳以上離してお申込みする方もでてきます。年齢を7歳以上離したら、年齢を離しただけ理想も落としていきましょう。
年齢差を離したのに、理想を落とさなければ、お互いに釣り合いがとれなくなります。
お互いに釣り合いがとれることが恋愛の法則にかなっています。

プロフィールは、あなたのマイナス面は控えめにだしましょう。
なぜなら、あなたのマイナス面がネックになり、お申し込み者がなくなることもあります。お相手があなたのことを好きになった時、あなたのマイナス面を受け入れてくれることは十分あります。


powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional